二階堂の退職代行体験談を更新しました ◤コチラをタップ◢

【一問一答】退職代行の疑問を徹底解決!よくある質問まとめ

退職代行を使って退職を考えているけど、気になることがあって踏み切れない…。

退職代行サービスの利用を検討し、一通りの知識を身につけても、個々人によって気になる点は異なるもの。

ここでは、これまで二階堂に相談いただいた方から寄せられた質問に対して、一問一答形式でスパッと解説していきます。

最後まで目を通すことで、退職代行についての疑問や不安点を解決できるハズ。

※新たな質問があり次第、随時更新していきます。質問や相談は公式LINEまでお寄せください。

退職代行サービスの基本を最初に知りたい場合は、以下の記事も併せて参考にしてみてくださいね!

二階堂誠アバター
退職代行サマライズ
二階堂 誠

経歴|元教育者で人材大手出身。自身も度重なる転職経験を持つ。30代既婚。

スタンス|自身が退職で苦労した経験から、退職希望者の悩みに寄り添った丁寧な解説のもと、安心して利用できる退職代行業者を厳選してお伝えしています。

タップできる目次

退職代行のよくある質問①|最も気になる「基本」の20選

退職代行のよくある質問①|最も気になる「基本」の20選

最もオーソドックスであり、必ず把握しておくべき質問を集めています。

退職代行が失敗することはありますか?成功率100%って本当なのでしょうか。

本当です。

適切な手順を踏めば、退職自体は必ず成功します。失敗するのは悪徳業者に依頼してしまった場合。

あなた自身がすべきことは、優良な業者への依頼をするのがメインです。

優良な退職代行業者

退職代行は違法なサービスではありませんか?

退職代行自体に違法性はありません。

ただし、どの運営形態(労働組合法人|弁護士|一般企業)かによって、違法にならずに扱える業務内容が異なります。

違法な業務を一切行っていない代行業者へ依頼するようにしましょう。

退職代行業者の正しい選び方

退職代行で本当に「即日退職」が可能なのでしょうか?社内規定では事前の通知が必要なのですが…

「実質的な」即日退職が可能です。つまり、依頼したその日から会社に行く必要が無くなります。

また、社内規定よりも法律が優先されますので、正社員であれば2週間で完全に退職手続きを終えることも可能です。

有期雇用の場合は状況に応じて別途対応が必要になるので、代行業者へ直接相談を。

「今日から出社しない」が可能な理由

退職代行を利用しても有給休暇の取得は可能なのでしょうか?

可能です。

ただし、確実に有給休暇を取得したい場合は「交渉」が可能な労働組合弁護士が運営する代行業者に依頼してください。

一般企業が運営する代行業者の場合、会社側に拒否された場合の対応が難しい恐れがあります。

会社との「交渉」について

退職代行を利用する場合、業務の引継ぎはどの程度気にする必要があるのでしょうか?

引き継ぎは最低限で構いません。

完全に丸投げすることはお勧めしませんが、難しければ放置でOKです。

どうしても必要な引継ぎがあれば代行業者を通じて知らされますし、会社に出向く必要もありません。

引継ぎが最低限でOKな理由

退職代行を依頼した後で上司や同僚と話をする必要はありませんか?もう会いたくないし、声も聞きたくありません。

一切必要ありません。

必要なやり取りは、全て代行業者を通じて行われます。

過度な引き留めをされたり、呪いの言葉を浴びたりすることもなく退職できます。

退職代行なら上司や同僚と顔を合わせる必要なし

家族や友人に会社から連絡がいくことはありませんか?退職代行の利用を知られたくありません。

様々な理由で、可能性がゼロとは言えません。

ただし「連絡をしないよう」代行業者を通じて事前に伝えておくことで防げる場合は多いです。

強制力があるわけではありませんが、依頼時に必ず伝えるようにしましょう。

家族や身元保証人には連絡がいく?

退職代行を利用する人には、どのような人が多いですか?自分が使うべきなのか迷っています。

退職代行をりようする理由は、実に様々です。

体調不良、上司への不満が爆発、自ら退職を申し出るのが怖い、仕事を一生懸命やろうとしているのに上手くいかない、報われない、引き留められて何年も辞められない、もう疲れ果てた etc…

ただただ自分自身が納得していれば、理由自体は何でも良いのです。

退職代行を利用すべき人とは

退職代行を絶対に利用しない方が良い人っていますか?

います。

必ず「円満に」退職をしたい人や、辞めると会社が傾くほどの重要なポジションにいる人です。

ただ、退職代行の利用が頭に浮かんだ人の中で、当てはまる人は滅多にいません。

退職代行サービスを使うべきでない人

ズバリ退職代行の最大のメリットを教えてください!

一言で表すと「地獄の日々から一瞬にして救われること」です。

退職代行を使って極力ダメージを負わずに辞めると、人は笑顔になれます。

▶その他のメリットは「退職代行のメリット」でまとめています。

ズバリ退職代行の最大のデメリットを教えてください!

一言で表すと「お金がかかること」です。

ただ、自力では得られなかった有給休暇の取得や心身のダメージが減らせることを考えると些細な話。

▶その他のデメリットと対処法は「退職代行のデメリット」でまとめています。

退職代行の利用でトラブルが起きた事例には、どんなものがありますか?代行業者の方で対応してもらえるのでしょうか?

例えば、離職票などの必要書類が送られてくるのが遅いという意見が見受けられます。

この場合、代行業者から会社へ連絡し、催促することができます。

また、各種重大なトラブルが起こる事例は稀であり、事前に知っておけば対処できるものばかりです。

退職代行のトラブル事例と対策方法

今辞めると早期退職になってしまいますが、大丈夫でしょうか…?

早期離職自体に問題はありません。

新卒で入社して3日で辞めた人も、中途で入社して1週間で辞めた人も、その後しっかり生活できていますから。

「あの時辞めて正解だった!」と言えるようにしていけば良いのです。健康第一です。

退職代行以前に、そもそも本当に退職をしていいものなのか、迷っています…

退職には不安がつきものですよね…。

恐らく、辞めたくて仕方ないのに、踏み出せない原因があるから辞めていないだけのハズ。

迷う理由が取り除けるのなら辞めるべきだし、取り除けないなら耐えるしかありません。

まず、今の仕事の「良い点」「悪い点」「悩んでいる点(後悔している点)」を書き出して整理してみましょう。

そして、退職をしたらどうなっていくか、今のまま続けたらどうなっていくか、具体的に想定するのです。

ただし、健康を損ねている場合は、問答無用で退職してください。後の人生のためです。

会社の辞め方講座

退職代行の利用で会社から訴えられたり、損害賠償を請求されたりすることはありませんか?

退職代行の利用による、そういったトラブルの事例はありません。

力のある社員を根こそぎ引き抜いて辞めていったり、顧客の個人情報を故意に漏えいさせたり、無茶なことをしない限りは大丈夫でしょう。

ただし、今までにないからといって、今後も無いとは限りません。想定される事例は事前に確認を。

損害賠償請求をされることはある?

まだ受け取れていない給料は、ちゃんと受け取れるのでしょうか?

もちろん受け取れます。

大抵の場合、通常通りに振り込んでくれますよ。お金に関するトラブルは、会社側としても負担が大きく、避けたいモノだからです。

日頃から手渡しで給料を受け取っている場合だけ、別途注意が必要です。

派遣社員なのですが、退職代行を利用しても大丈夫でしょうか?

大丈夫です。

無期雇用の派遣社員であれば、正社員同様で、退職を申し入れてから2週間で契約が終了します。

有期雇用の派遣社員であれば、「やむを得ない事由」がある場合に契約解除が可能です。交渉が可能な業者に依頼し、事前の相談が肝心です。

法律上「実質的な即日退職」が可能な理由

退職代行を利用する時の流れが気になります。もうアレコレ考える気力が無くて…

端的にお伝えすると、適切な代行業者を選び申し込めば、あとは勝手に進んでいきます。

退職連絡をしてもらう日時や有休の申請、各種請求の有無など、必要な事柄だけ洗い出しをしておきましょう。

いろんなことが気になるかとは思いますが、最も大事なのは業者選びだけです。

退職代行利用の流れを徹底解説

退職代行を実際に利用された方の感想を知りたいです!

「使って良かった!」との声が大半を占めています。

様々な方の意見を載せていますので、以下を参考にしてみてください。二階堂の体験談もあります。

退職代行体験談

業者選びで「ここだけは気をつけた方が良い」点があれば知りたいです。

退職代行を依頼する業者選びです。

悪徳でないのはもちろんのこと、あなた自身が求めている要素をもった業者かどうかが最も大切です。

▶詳しくは「退職代行業者の選び方」のページでも解説しています。

退職代行のよくある質問②|個別の事情や懸念事項について

退職代行のよくある質問②|個別の事情や懸念事項について

特に懸念事項の多い方向け。ご自身に当てはまるモノがないか、確認しておきましょう。

これまで何度も引き留めに合っている場合でも、退職代行で辞められますか?

辞められます。

上司と会ったり話したりする必要が一切ありませんので、まともに引き留めることも出来ません。

退職代行なら、その日から会社に行かずに辞められます。

会社の寮に住んでいるのですが、退職代行で辞める場合の注意点はありますか?

引っ越しの準備を早々に始めておきましょう。

退職代行で退職する旨を伝えたら、近日中に寮を退去するよう言われる場合があります。

すぐに退去しても問題がないよう、実家と話をつけておく、次の部屋を借りておくなどして住居を確保する必要があります。

給与が手渡しの場合、辞めてから受け取りに行く必要がありますか?

会社の判断に委ねられます。

ただ、普段は手渡しの場合でも、振り込みや現金書留などの形で対応してくれる場合は多いです。

とはいえ「直接手渡しでしか渡せない」と言われても、法律上反論できません。

その場合には、気持ちが落ち着いてから取りに行くなどの対応をする必要があります。

職場が振り込みを拒否…

心療内科に通っているのですが、どのタイミングで退職すべきか分かりません…

細かな状況にもよりますが、恐らく、タイミングは今です。

心療内科に通っている状態で合わない環境にい続けたら、良くなる兆しも薄れていく。

どうか、何より大切なハズの「自分の健康」を最優先にされてください。

会社に申し訳ないとか、仕事の区切りが悪いとか、気にする必要はありません。

担当している業務をこなせる人が自分しかいないのですが、突然辞めても良いものでしょうか…

問題ありません。

業務をこなせる人を確保するのは会社の仕事であり、イチ社員に責任はありません。

自分の健康を犠牲にしてまで続けなければならない仕事なんて、この世に存在しませんから。

詳しく事情を説明しながら相談をお願いしたいのですが、どこから連絡させていただくと良いですか?

LINE公式アカウント」へお寄せください。

簡潔かつ具体的にお話いただけると、その分お伝えできることも増えると思います。

どうぞお気軽にご連絡くださいね。

\ 今動き出そう! /

▶交渉可能な労働組合法人。段違いの信頼性とコスパで一番人気!

▶弁護士法人。不安を完璧に取り除きたい場合の最強の最終手段!

退職代行のよくある質問③|業者の選び方について

退職代行のよくある質問③|業者の選び方について

退職代行での退職が成功するかどうかは、この業者選び次第であると言っても過言ではありません。

違法な退職代行業者を見分ける方法が知りたいです。

最も有力な判断材料は「自分で無料相談をしてみて応対を確認する」ことです。

相場と異なる破格の安さ(1万円台…)であったり、個人で営業をかけている業者にも要注意。

二階堂の方でも厳選しているので、参考にしてみてください。

信頼度の高い退職代行業者

住んでいる地域によって、利用すべき退職代行業者は異なるのでしょうか?

地域別に「オススメ」を挙げているメディアが散見されますが、ほぼ意味はありません。

退職代行自体は電話やメール等で完結するものであり、全国対応している業者の方が実績もあり確実です。

退職代行の運営形態=「労働組合」や「弁護士」の違いを教えてください!

退職代行サービスには、大きく3パターン『労働組合』『弁護士』『一般企業』が存在します。

労働組合や弁護士だと交渉ができるので、トラブルが起こる可能性を限りなく減らせます。

弁護士だと、費用こそかかりますが、公務員や労災の申請等も含め、どのような場合でも対応可能です。

運営形態によるサービス内容の違い

「交渉」と「通知」にはどのような違いがあるのでしょうか?

通知は、依頼者の意志を、そのまま明確に会社側に伝えることを意味します。いわば「伝言」です。

交渉は、依頼者に代わり会社と話し合いをすることで、依頼者に有利なように話を進めることを意味します。

交渉することが法律上許された業者と、そうでない業者が存在するので要注意です。

通知と交渉の違い

退職代行でよく耳にする「非弁行為」とはどういう意味なのでしょうか?

弁護士法の第七十二条に「非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止」として定められています。

要するに「弁護士の資格を持たずに弁護士の仕事を行ってはならない」ということ。

退職代行サービスは、この『非弁行為』に該当しない形で退職をサポートしてくれるから、違法ではないんです。

退職代行の仕組みが違法でない理由

知名度の高い業者の方が安心だと思われますか?

利用者が多いのは安心感に繋がる側面もありますが、あまり重視する必要はないと思います。

実際に使っている人の様子がみれて「自分に合っている」と感じる業者を選びましょう。

やっぱり返金保障や各種サポートはある方が良いのでしょうか?

退職代行に「失敗」はないので、返金保障は無意味です。

各種サポートは、あくまでオプションとして捉えましょう。例えば「転職サポート」にしても、別途転職エージェントに頼る方がスムーズな場合もあります。

退職代行を安心して任せられるかどうかだけが重要です。

手元にすぐ用意できるお金がないのですが、後払いは可能ですか?

クレジットカードが使える業者は多いです。ご安心ください。

二階堂さんはなぜ「退職代行ガーディアン」に依頼したのでしょうか?

歴史ある労働組合法人が運営しており、信頼感が抜群に高かったことが理由です。

詳しくは「退職代行を使って仕事を辞めた時の話」をご覧ください。

退職代行業者の種類が多くてよく分かりません。オススメはありますか?

イチオシの業者は「コチラ」にまとめています。

以下の図も参考にしてみてくださいね(画像タップで拡大できます)。

退職代行業者の選び方

【保存版】退職代行サービスの選び方

退職代行のよくある質問④|退職代行の実施後について

退職代行のよくある質問④|退職代行の実施後について

退職代行を実施した後のお話。予め把握しておけば、焦ることも無くなります。

会社からの連絡があった場合、どう対応すれば良いでしょうか。無視して大丈夫でしょうか?

全て無視してOKです。話が拗れるので、決して出てはいけません。

会社から連絡があったことを、依頼している代行業者に伝えましょう。

代わりに連絡を取って、必要な話を進めてくれます。

会社と家が近いのですが、上司が家にまで来ないか心配です。

家が知られているのって、怖いですよね。

基本的には来ない可能性の方が高いですが、万一の覚悟はしておきましょう。

居留守を使うのも良いですし、外出しておくのも1つの手です。

会社に置いてある私物はどうすれば良いですか?

可能なら、代行実施日までに必要なものを持ち帰っておくのが良いです。

よほど大事なモノがある場合は、代行業者を通じて郵送してもらうよう交渉しましょう。

全て処分してもらうのも可能なハズです。

退職した後、健康保険証はどうすれば良いでしょうか?

退職日までは、そのまま利用することができます。

退職後は、切り替えが必要です。転職するなら転職先で、国民健康保険にするなら市役所の窓口にて手続きを行います。

任意継続する場合でも、退職後には一旦返却する必要があります。

社員証やスマホ、パソコンなどの貸与物はどのように返却すれば良いでしょうか?

依頼があり次第、退職届などの書類と共にまとめて会社へ郵送しましょう。

会社へ直接持ち運ぶ必要はありません。

離職票など必要な書類を送ってもらえない場合はどうすれば良いでしょうか?

まずは代行業者に「必要書類が届いていない」旨を伝えましょう。

会社へ連絡を取り状況を確認し、早々に送るよう交渉してくれます。

それでも送られてこない場合は、ハローワーク等の各種公共機関に相談しましょう。

届いていない
書類
対応可能な
公共機関
離職票ハローワーク
雇用保険被保険者証ハローワーク
健康保険資格喪失証明書年金事務所/市区町村役場
源泉徴収票税務署
年金手帳年金事務所
早期に退職してしまうと、次の仕事は見つけづらくなってしまうものでしょうか?

結論としては、問題ない場合が多いです。

もちろん、何年も働いて経験や実績を積んだ人の方が、求める企業の総数は増えるでしょう。

ですが、現状「第二新卒」「既卒」の転職市場は活発で、早期離職だからこそ、新卒同様に手厚く育てて活躍してもらうとする企業も多いです。

疲弊しながら仕事を続けて身体を壊すより、早々に見切りをつけて新たな仕事を探す方が、よほど賢明ではないでしょうか。

もう失敗しない!働くのに疲れた人向け「転職エージェント」まとめ

もう自信がなくて、今後どのような仕事に就けば良いのか分かりません…。

今は、疲れ果てて混乱しているのかもしれませんね。

一度仕事から離れて休み、リフレッシュして考えていきましょう。

転職する際に大事なのは、現状に対する徹底的な反省です。

まずは一度、働いた職場の「良いと感じた点」「嫌だと感じた点」を洗い出してみましょう。

自分でも驚くくらい、脳に汗をかくくらい必死に考えてみてください。

疑問は解消できましたか?

懸念事項が一通り解消されたら
あとは実際に動き始めましょう

二階堂に尋ねて
もらっても良いですし
公式LINE

下記の代行業者さんも
無料での相談を受付中です

どうか健康第一で。
自分の身を守ってください。

\ 今動き出そう! /

▶交渉可能な労働組合法人。段違いの信頼性とコスパで一番人気!

▶弁護士法人。不安を完璧に取り除きたい場合の最強の最終手段!

二階堂誠アバター(背景透過)

退職代行の利用に、遠慮や偏見は一切不要。仕事で疲れ果てたあなたが、早くご自身の充実した生活を取り戻せますように。同様の経験をした身として、心から願っています。

タップできる目次
閉じる